前へ
次へ

通販取引に多い失敗と予防の心得

通販取引は相手と対峙する必要がないので、地域を問わず行うことができます。外国の業者から購入することも可能ですが、扱う商品の価格や知名度だけで安易に即決してしまうのがありがちな失敗です。通販の購入手続きは相手側に送金手続きを行い、注文した商品が手元に届いてから受け取り連絡を行います。そこで初めて送金が完了する仕組みになっているのが現在の主流ですが、中には未だに送金を完了させてから商品を送る所も多いので注意しなければいけません。お金を受け取ったら商品を送らずに行方をくらます悪質な業者も存在します。そのため、購入手続きの際は業者の評判を確認することを忘れてはいけません。衣類や履物などを通販で購入することが広く普及していますが、試着することができないのでサイズの確認は不可欠です。特に安価な外国製は表記されている数値と実寸が異なるケースが少なくありません。また、同じ表記でもメーカーによって実寸に違いがあることも多いため、衣類や履物を通販で購入する場合はよほど信頼できる業者に限ることを心がけます。

Page Top